労働保険事務組合の活用

Pocket

kisoku

 労働保険事務組合 中村労務管理協会と幡多労務管理協会にお任せください。

労働保険事務組合 中村労務管理協会と幡多労務管理協会は、それぞれ社会保険労務士事務所に併設された労働保険事務組合ですので、保険給付の手続きはもちろん、その他労働保険と社会保険事務に関する事務の全般を一括して処理できます。労働保険・社会保険の事務を労働社会保険諸法令に精通した社会保険労務士や経験豊富なスタッフがサポートいたします。
労働保険事務組合 中村労務管理協会・幡多労務管理協会の特徴
事務組合利用メリット 1.労災保険制度に中小事業主等も特別に加入できます。
2.金額に関係なく労働保険料を分割して納付できます。
3.労災保険の上乗せ制度への加入ができます。
しかし・・・
徴収事務を代行のみなので
法律の定めにより次の手続は行なえません。
1.労働保険に関する事務であっても労災の保険給付
2.雇用保険に関連する助成金の申請手続
3.社会保険に関する事務は
でも・・・
社労士事務所だから
上記手続の代理・代行が行えます。
加えて・・・ 次の事項でも対応します。
1.記帳代行
2.給与計算
さらに・・・ 中小企業退職金共済制度の代理業務も行なっています。

労働保険事務組合制度と労災保険の特別加入

労働保険事務組合は、厚生労働省の認可により設立された団体です。 団体を構成する事業主からの委託により、労働保険料の申告・納付その他労働保険に関する各種の届出等の事務手続を行うことにより、中小事業主の事務処理負担を軽減し、労働保険の適用促進及び労働保険料の適正な徴収を図ることを目的として設けられた制度です。また、次の従業員規模を満たす場合に、労働保険事務組合に労働保険事務の処理を委託する者に限って中小事業主等も労災保険に加入することができるようになります。
業種別労働保険事務組合委託可能事業主の範囲
従業員の規模 ~50人 ~100人 ~300人 301人~
金融業、保険業、不動産業、小売業 × × ×
サービス業、卸売業 × ×
上記以外 ×

特別加入のためのその他の要件について

中小事業主等の特別加入者の範囲は、「作業の実態、災害の発生状況等からみて労働基準法の適用労働者に準じて保護することが適当である者かどうか」「その者の業務の範囲が明確に特定できていて、業務上外の認定をはじめ保険関係の適正な処理が保険技術的に可能であるかどうか」などを考慮して定められています。

Pocket

コメントを残す