適性診断のススメ

Pocket

photo001_091

採用面接の力強い味方 適性診断について

今回ご紹介するのは、弊所の提携先が提供している適性診断です。
約20分の診断に答えるだけで、その人の資質や苦手なこと、面接時の
効果的な質問や本人に見合った教育方法も提案してくれる優れものです。

たとえば採用に対して下記のような課題も・・・・・・

採用時に解決したい課題
□入社1年以内に退職する社員が多い
□希望どおりの人材採用をしたい
□面接で的確な質問をしたい


適性診断によって期待できる解決事項
1 客観的データを参考に面接を行うので雇用のミスマッチによる早期退職を抑制できる
2 現有社員の適性測定を行うことで、採用したい人物像を可視化できるので企業が求める人材採用につながる
3 診断結果から導き出された「面接のポイント」により、面接で聞きたいことを的確に質問できる

上記にも記載していますが、適性診断の活用方法として推奨していることは

① まずは会社又は部署単位での診断を現有社員に対して実施する

② 結果を集計し、従業員の回答平均や傾向を分析する

結果をを分析することによって会社(又は部署)に合った従業員像が見えてくると思います。

たとえば、従業員の診断結果で従業員の協調性が高い傾向にある場合

求人を出す際や面接時に「初めての場所でもすぐに周りに溶け込むことが得意な人」を

求人票や具体的な質問として活用してはいかがでしょうか。

それを知った上で求人を出すことによって、求める人材がはっきりとします。

顧問先様限定のサービスになっています。
ご興味のある方はぜひ弊所までご連絡下さい。

Pocket