早出出勤し、早退した日の割増賃金について

Pocket

photo001_093

初めましての方もいつもお世話になっている方もこんにちは。

上田経営管理事務所スタッフブログ担当の川村です。

 

 

今回は

「早出出勤をして早退したときの割増賃金」

についてです。

 

例えばこんなケースがある場合・・・
所定の始業時刻より早く出勤してもらうことがあります。
そういった日に早退した場合は
割増賃金はどうなりますか。
 


A 原則的な考え方としては、法定労働時間を超えて労働していないのであれば、
割増賃金を支払う必要はありません。

 

時間外労働割増賃金は
法定労働時間を超えて労働させた場合に
通常25%増しで支払う賃金です。
原則として
「法定労働時間を超えた」かどうかは、
実際に働いた時間(実労働時間)で判断します。


例えば、特に変形労働時間制などを採用していないとすれば、
1日の法定労働時間は8時間です。
早出して早退した結果、実労働時間が8時間以内であれば
法定労働時間内の労働ですので割増賃金は不要です。

8時間を超えた労働があったなら、
早退していたとしてもその時間分の
割増賃金を支払うことになります。

ただし、就業規則や賃金規程において

「所定労働時間外に労働した場合に割増賃金を支払う」

という旨を定めている場合、早出して行った労働は
所定労働時間外の労働ということになりますので
その後の早退の有無に関わらず、
就業規則に則って割増賃金の支払いが
必要になると考えられます。

 

前回に引き続き賃金計算についてのブログでした。

顧問先の皆様上記のようなケースや賃金計算について
何か分からない事があればいつでもご連絡ください。

これからもよろしくお願いいたします。

上田経営管理事務所 川村

Pocket