最低賃金の計算の仕方について

Pocket

photo001_084

初めましての方もいつもお世話になっている方もこんにちは。
上田経営管理事務所スタッフブログ担当の川村です。

 

 

今回は

「最低賃金の計算の仕方」

について書こうと思います。

 

最低賃金の対象となる賃金は、
毎月支払われる基本的な賃金とされています。
よって、支払賃金の中の手当によっては除外して判断する必要があります。

 

具体的には、実際に支払われる賃金から
下記の賃金を除外したものが最低賃金の対象となります。

(1)臨時に支払われる賃金
例)慶弔の見舞金など

(2)1箇月を超える期間ごとに支払われる賃金
例)賞与

(3)所定労働時間を超える時間の労働に対して支払われる賃金
例)時間外労働割増賃金

(4)所定労働日以外の日の労働に対して支払われる賃金
例)休日労働割増賃金

(5)午後10時から午前5時までの間の労働に対して
  支払われる賃金のうち、通常の労働時間の賃金の計算額を超える部分
例)深夜労働割増賃金

(6)精皆勤手当、通勤手当及び家族手当

 

残業代の計算で除外することができる手当と似ていますが、
(6)の精皆勤手当については、
残業代の計算で使う時間単価に
含めなければならないとされています。
しかし、最低賃金を満たしているかどうかを
判断する際には含むことができませんのでご注意ください。

 

お給料計算は難しいですね。
顧問先の皆様の中で、もし最低賃金や残業代の計算などで
分からない事があれば気軽にご連絡下さい。

上田経営管理事務所 川村

Pocket