もし従業員がマイナンバーの提供を拒否したら・・・・・・

Pocket

photo001_051

 

いつもお世話になっております。

上田経営管理事務所スタッフブログ担当の川村です。

 

 

 

 

年末調整の時期が近づいてきましたね。

事業所様の中には本格的に従業員様の
マイナンバーを集めている所もおありかと思います。

 

そこで、今回は

「もしマイナンバーの提供を拒否する従業員がいたらどうしたらいいのか」

について、国税庁と内閣官房のHPに
記載されている対応策をまとめましたのでご覧下さい。

 

もし、従業員がマイナンバーの提供を拒否したら・・・・・・

 

1 会社は強制的に従業員からマイナンバーを取得することはできないことを知る。

2 しかし、届出書等にマイナンバーを記載しなければいけないことは法律で決まっている。

3 国の義務であることを踏まえて、従業員本人との話し合いや説得を試みる。

4 それでも拒否する場合は、書類提出先の機関の指示に従う。

5 また単なる義務違反ではないことを証明できるように、提供を求めた経過等を記録しておく。

 

 

調べた結果、従業員がマイナンバーを
会社に報告する義務は法律では定められていません。

ですが、届出へのマイナンバーの記載は
会社の義務になりますので、本人にとっても
手続きが遅れることなどの
デメリットが生じる場合があります。

 

まだまだ不明確なことも多い制度ですが、
今後マイナンバーの普及が進むにつれて
上記事項のような対応についても変わるかもしれません。

 

 

今後も注目していきたいと思います。

 

顧問先の皆様の中で、
マイナンバーやその他お力添えできることが
ありましたらいつでもご連絡下さい。

これからもよろしくお願いいたします。

 

28.11.8 上田経営管理事務所 川村

Pocket