有休が与えられる従業員とは?

Pocket



初めましての方もいつもお世話になっている方もこんにちは。
上田経営管理事務所スタッフブログ担当の川村です。

ここ最近の寒さは本当に厳しいですね。
私としては冷たい空気に触れると目がシャキッとするのでこの寒さも少し嬉しかったりします。
とはいっても、皆様この寒さでお風邪を引かれないように!ご注意くださいませ。

 

 

では早速、従業員の有休取得権が発生する条件について書きたいと思います。

 

年次有給休暇を取得できる権利が発生する従業員とは?

①    雇入の日から6か月間継続して働いている
②    全労働日の8割以上を出勤している(=出勤日数/全労働日≦80%)
 

この2つの条件を満たす従業員に与えられます。

有休を取得できる従業員とは正社員だけでなくパートタイマーも含みます。

週の出勤日数が少ないパートタイマーは
有休を取得できる日数も少なくなりますがゼロではありません。

 

① 6か月間の継続勤務とは?

○ 試用期間を含めて計算した6か月間
○ パートから正社員になった場合はパート期間を含む6か月間
○ 病欠などで会社を休んでいる場合でも、雇用関係が継続している場合はその期間も含む

× 正社員になった日から6か月間

 

② 全労働日と出勤日数について

全労働日としてカウントする日とは?

○ 所定労働日

× 休日出勤した日
× 会社都合で休業した日
× ストライキなどで従業員が働いていない日

出勤日数に含まれるものとは?

○ 業務上の病気やケガを理由に休んだ期間
○ 産前産後の休業期間
○ 法定の育児・介護休業期間
○ 有給休暇を取得した日数

 

 

また、有給休暇の付与日数は勤務年数によって違ってきます。

詳しくはこちら・・・厚生労働省 年次有給休暇についてのQ&A

http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/faq_kijyungyosei06.html

 

 

これからもよろしくお願いします。

 

29.1.17 上田経営管理事務所 川村

Pocket