休日労働とは?

Pocket



初めましての方もいつもお世話になっている方もこんにちは。

上田経営管理事務所スタッフブログ担当の川村です。

 

 

今回は休日労働について書きたいと思います。

 

 

事業所は従業員に

毎週回または4週間を通じ4日以上

の休日を与えなければなりません。

この週に1回の休日を法定休日といい
この日に働かせる場合は割増賃金(3割5分)
を支払う必要があります。

 

 

週休2日制の事業所での休日労働とは?

休日労働に対する割増賃金(3割5分)は
週に1回もしくは、4週間で4日の休日
を与えなかった場合に発生します。

 

例えば土曜日と日曜日が休みという週休2日制の事業所においては
土曜日に出勤したとしても、日曜日に休んでいれば
法律でいう「休日労働」にはあたらず休日手当として
割増賃金(3割5分)を払う必要もありません。

 

しかし!

 

週休2日制で1日の所定労働時間が時間の事業所の場合

 

労働基準法では、原則1週の労働時間が40時間を超える場合は
その超えた時間に対して2割5分増の賃金を支払わなくてはなりません。

このため、土曜日に対する休日手当を払わなくとも
月曜日~金曜日まで1日8時間働いた場合は
金曜日を終えた時点で週40時間働いたことになります。

そのため、土曜日に働いた場合はその全ての時間に対して時間外手当として
2割5分増の割増賃金を加算して賃金を支払わなければなりません。

 

休日手当を加算しなくても、時間外手当は加算しなければならないということです。

 

 

これからもよろしくお願い致します。

 

29.2.15 上田経営管理事務所 川村

Pocket