残業代ってなに?

Pocket



 

初めましての方もいつもお世話になっている方もこんにちは。

上田経営管理事務所スタッフブログ担当の川村です。

今回は残業代について書きたいと思います。

 

~朝8時始業、夕方5時終業(昼休憩1時間)の会社の場合~

 

この会社の場合、遅刻などせず時間通りに出社し
定時に上がると1日時間働いたことになります。

この8時間がミソで、法律により1日8時間を超えて従業員を働かせる場合は
8時間を超えた時間に対して残業代を支払わなければなりません。

 

この会社の場合、例えばある従業員を夕方6時まで働かせたとします。

従業員的に言うと「今日は1時間残業した、帰りが遅くなった」状態です。

 

このように1日9時間働いた場合は
1日8時間のルールより時間多く働いたことになります。

 

この1時間に対して、会社は通常の賃金よりも
2割5分増し賃金を支払わなければなりません。

よくいう残業代とはこの時間外労働に対する割増賃金のことです。

 

1日8時間を守っても1週40時間を超えていると・・・

時間外労働には、1日8時間ルールの他に
1週40時間というルールがあります。
つまり1週40時間を超えて働いた場合はその40時間を
超えた時間に対しても割増賃金(2割5分)を支払わなければなりません。

 

 

残業代を計算されるときは

①  1日時間を超えていないか
②  1週間(日曜日を起算して土曜日までの1週間)の勤務時間の
   合計が40時間を超えていないか
を確認する必要があります。

 

これからもよろしくお願いします。

 

29.2.22 上田経営管理事務所 川村

Pocket