社会保険の加入範囲が広がります!!

Pocket



 

初めましての方もいつもお世話になっている方もこんにちは。

上田経営管理事務所スタッフブログ担当の川村です。

 

 

今回はパート・アルバイトに対する社会保険の適用範囲についてお話しします。

 

 

1 現在のパート・アルバイトなどの社会保険の加入条件

 

フルタイムで働いている人を基準として・・・・・・
1週の所定労働時間4分の3以上

1月の所定労働日数4分の3以上
 

 

2 平成29年4月から中小企業でも労使間で合意をすると・・・・・・

 
      ① 1週間あたりの決まった労働時間が20時間以上
      ② 1か月あたりの決まった賃金が88,000円以上
      ③ 雇用期間の見込みが1年以上
      ④ 学生でない
 

①~④全てに当てはまる人は社会保険の加入対象となります。

 

3 労使間での合意とは?

 

労働者と使用者、つまり従業員と経営者で合意をすることを言います。

これは、①~④全てを満たす従業員一人一人と
経営者が同意をするというものではなく
1 従業員の過半数を代表する者の同意
もしくは
2 従業員2分の1以上の同意
 

があればOKです。

 

※ 地方公共団体に属する事業所は従業員の同意がなくとも
社会保険の加入範囲が拡大します。

 

気になる方はこちら
「日本年金機構 平成28年10月より短時間労働者に対する
健康保険・厚生年金保険の適用拡大が始まります。」
http://www.nenkin.go.jp/oshirase/topics/2016/0516.html


 

 

これからもよろしくお願いします。

 

 

29.2.28 上田経営管理事務所 川村

Pocket