「雇用条件通知書」について

Pocket

 いつもお世話になっております。スタッフブログ担当の岡崎です。

 

4月も後半に入りました、春の嵐が過ぎ、初夏らしく暖かで過ごしやすい日が続いておりますが、

新入社員の方々は、まだまだ緊張の日々ではないかと思います。

 

 

今回のテーマは「雇用条件通知書」について、

過去のブログでも掲載致しましたが、雇い入れの際は、この「雇用条件通知書」の交付をお願い致します。

 

労働者にとって、自身の処遇が明確になることは、これから安心して仕事に集中していくために大変重要です。

労働基準法では、必ず明示しなければならない労働条件の事項が決められております。

 

  1. 労働条件の期間に関する事項
  2. 就業場所、従事する業務の内容に関する事項
  3. 始業・終業時刻、休憩時間、休日、休暇、所定労働時間を超える労働の有無、交代制に関する内容の事項
  4. 賃金の決定、計算・支払いの方法、締め切り、支払いの期間に関する事項
  5. 退職・解雇に関する事項
 

以上5項目については必ず書面で明示しなければなりません

 

上田経営管理事務所では、労働者とのトラブルを避けるために、

できる限り、書面での労働条件通知書の作成とその保管をお願いしております。

 

書式は決まっておりませんが、厚生労働省のホームページからダウンロードが可能です。

当事務所でも、ひな形をご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/roudoujouken01/

Pocket