算定基礎が近づいてまいりました

Pocket



 

 

皆さんこんにちは!

スタッフブログ担当の川村です。

 

今回は「算定基礎」について。

 

算定基礎というのは、健康保険と厚生年金の保険料を見直すために毎年1回行うものです。

 

健康保険料と厚生年金保険料は、毎月決まった額を給料から差し引きます。

 

通常、給料に大きな変動がない限り、保険料の金額は変わりません。

 

保険料は1年間変わりませんが、給料の金額は変わっているかもしれません。

 

そこで毎年、4月、5月、6月の間に実際に支払った給料をもとに保険料を改めて決定します。

 

保険料を決定するのは年金事務所なので、事業主の皆様は従業員やご自身の3ヵ月間の給料を

年金事務所に届出なければなりません。この届け出を「算定基礎届」といいます。

 

 

算定基礎の対象者はその年の7月1日時点に社会保険に加入している方です。

 

届出に記載する給料の額は、4月、5月、6月、に実際に支払った賃金の額になります。

 

給料が当月払の事業所様は、4月分、5月分、6月分の賃金台帳が必要です。

 

給料が翌月払の事業所様は、3月分、4月分、5月分の賃金台帳が必要です。

 

 

顧問先の皆様においては、上記期間の賃金台帳や出勤簿をお願いすると思います。

 

ご協力よろしくお願いいたします。

 

 

H29.7.3 上田経営管理事務所 川村

Pocket