雇用保険の高年齢被保険者とは?

Pocket



 

皆さんこんにちは。スタッフブログ担当の川村です。

 

今回は65歳以上の雇用保険の被保険者

=高年齢被保険者について書きたいと思います。

 

事業主の皆さん、従業員の中で65歳以上の方はいらっしゃいますか?

 

平成28年までは65歳以上の人を新しく雇っても

雇用保険の被保険者には該当しませんでした。

ところが平成29年1月1日から雇用保険被保険者の年齢に上限がなくなり

65歳以上の人も雇用保険の被保険者の対象になりました。

 

65歳以上でも原則、雇用保険の被保険者のなる人とは?
 

1 1週の所定労働時間が20時間以上

2 31日以上の雇用見込みがある

 

上記2点に当てはまる人です。

 

上記2点に当てはまる従業員がいる場合は

ハローワークに「雇用保険資格取得届」を提出しなければなりません。

※平成28年に高年齢継続被保険者だった人は

自動で高年齢被保険者となるので、届出ではしなくて大丈夫です。

 

 

高年齢被保険者の雇用保険料は

平成31年度(=平成32年3月31日)までは免除となっていますので

現時点では届け出をしなければならないことに注意しましょう。

 

 

去年までは65歳以上の人を新しく雇った場合は

被保険者とならなかったので届出も必要ありませんでした。

 

しかし、今年から年齢は関係なく上記の1と2に当てはまる方は

原則、雇用保険の被保険者です。

 

ちなみに「原則、雇用保険の被保険者」と書いていますが

例外もあります。雇用保険の被保険者の例外はたくさんありますのでその説明はまたの機会に。

 

 

顧問先の皆様、今年からは65歳以上の方についても

採用した場合はご連絡頂けるとありがたいです。

 

こちらからも雇用保険の被保険者に該当する人がいた場合は

ご連絡させて頂きますので、その時はご協力お願い致します。

 

これからもよろしくお願い致します。

 

 

H29.7.19 上田経営管理事務所 川村

Pocket