70歳以上被用者とは?

Pocket



皆さんこんにちは。

スタッフブログ担当の川村です。

 

今回は社会保険の「70歳以上被用者」について書きたいと思います。

 

 

健康保険や厚生年金保険など社会保険に入っている人を被保険者といいます。

 

今回ご説明する「70歳以上被用者」は被保険者とはまた違う人たちのことをいいます。

 

平成19年4月1日以降、70歳以上の使用される人について

60歳代後半の在職老齢年金制度が適用されることとなり、届出が必要となりました。

 

必要な届出は3つです。

 

算定基礎で標準報酬月額を決め直すとき

月額変更に該当したとき

賞与を支払ったとき

 

この3つが70歳以上被用者におこったときは

「70歳以上被用者 算定基礎・月額変更・賞与支払届」

を年金事務所に提出します。

 

70歳以上被用者に該当する人とは?
 

1 厚生年金保険の適用事業所で働く70歳以上の者

2 過去に厚生年金保険の被保険者期間を有する者

3 常時使用される者

 

この3つの条件すべてを満たす人のことをいいます。

 

この3つの条件に当てはまれば健康保険や厚生年金保険に入っていない人でも70歳以上被用者に該当します。

 

 

 

75歳以上で社会保険に入っていない人でも70歳以上被用者にあたる場合は届出が必要ということです。

 

 

これからもよろしくお願いいたします。

 

H29.10.4 上田経営管理事務所 川村

Pocket