改正された育児・介護休業のポイント

Pocket



いつもお世話になっております。

 

スタッフブログ担当の川村です。

 

 

今回は10月から改正された育児・介護休業について簡単にお知らせします。

 

 

平成29年10月1日に施行される改正育児介護休業法のポイントは以下の通りです。

 

(1) 子が2歳に達するまでの育児休業取得

(2) 労働者もしくはその配偶者が妊娠・出産したことを知ったとき
または労働者が対象家族を介護していることを知ったとき
関連する制度を個別に周知するための措置を講ずる努力義務の創設

 

(3) 小学校就学の始期に達するまでの子を養育する労働者について
育児に関する目的で利用できる休暇制度を設ける努力義務の創設

 

(2)と(3)は努力義務であり、会社に対して強制的に行動を求めるものではありません。

 

 

子が2歳に達するまでの育児休業取得

 

以前の育児休業は最長で子が1歳6か月に達するまでと決められていました。

今回の改正によりこの上限が2歳となりますが、以下の要件を両方満たすことが必要です。

 

1 育児休業に係る子が1歳6か月に達する日において労働者本人または配偶者が育児休業をしている場合

 

2 保育所に入所できない等、1歳6か月を超えても休業が特に必要と認められる場合

 

 

この2つの要件を満たした場合、1歳6か月から2歳までの間、育児休業を取得することが可能となります。

 

育児・介護休業については厚労省から詳しいパンフレットなどが記載されています。

 

厚生労働省 育児・介護休業について

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000130583.html

 

これからもよろしくお願いいたします。

 

 

H29.10.20 上田経営管理事務所 川村

Pocket