勤務中の休憩時間について

Pocket



いつもお世話になっております。

今回は休憩について。

 

 

 

知っている方も多いかと思いますが、休憩は

労働時間が6時間を超え、8時間以内の場合  最低45分

労働時間が8時間を超える場合        最低60分

与えないといけません。

 

プラス、休憩を与えるには休憩についての3つのルールを知っておきましょう。

 

1 労働時間の途中に与える

2 従業員に一斉に与える

3 自由に利用させる

 

当たり前といえば当たり前かもしれませんが、休憩はこの3つのルールを守って労働者に与えます。

 

「1 労働時間の途中に与える」とは、始業と同時に与えたり、

終業間際に休憩をとらせるなどはいけませんよ、ということです。

 

例えば勤務時間が午前8時から午後5時で休憩1時間、実労働が8時間だとすると・・・

休憩を8時から9時の1時間または午後4時から5時の1時間。

これだと労働者は休憩を取った後(または取るまで)8時間ずっと働きっぱなしということになります。

 

これでは休憩の意味がありませんよね。

 

きちんと、労働→休憩→労働となるように休憩は途中に与えましょう。

 

今回はここまで。

長くなるので2と3のルールについては次回以降に書きたいと思います!

 

 

休憩とかお休みって大事ですよね。

体や心をリフレッシュすることで本領が発揮できたり、仕事に打ち込めるのだと思います。

 

労働時間が6時間超える場合はしっかり休憩を “途中”に与えてくださいね。

 

ここまで目を通していただきありがとうございました。

 

これからもよろしくお願い致します。

 

 

 

Pocket