就業規則の役割

Pocket

column

就業規則とは

労働基準法では就業規則について、使用者に大きく3つの義務(作成及び提出の義務、作成手続義務、周知義務)を規定されていますが、本来法律によって作成するようになったものではなく、多数の労働者が集合して生産に従事する際、一定のルールに従って行なうことが能率的であり、かつ労働者の安全面あるいは施設保全面から必要であるといった企業秩序の維持を目的として、自然発生的に誕生し慣行化してきたものとだと考えられています。

就業規則への記載事項

就業規則にはどのようなことを記載すべきとされているのであろうか、労働基準法第89条では、次の通り規定されています。この条文は、常時10人以上の会社における就業規則の作成及び届出の義務について規定したものですが、就業規則を巡る歴史的背景や、労使間の取り決めごとであるため私的自治の原則から考えると常時10人未満の会社にあっても作成しておくことが望ましく、下記に列挙しているものに加え、それ以外の事項であっても労使間の取り決めごとで就業規則に記載したいものがあれば、これを記載することも出来ます。
(作成及び届出の義務)
第89条  常時10人以上の労働者を使用する使用者は、次に掲げる事項について就業規則を作成し、行政官庁に届け出なければならない。次に掲げる事項を変更した場合においても、同様とする。
1 始業及び終業の時刻、休憩時間、休日、休暇並びに労働者を二組以上に分けて交替に就業させる場合においては就業時転換に関する事項
2  賃金(臨時の賃金等を除く。以下この号において同じ。)の決定、計算及び支払の方法、賃金の締切り及び支払の時期並びに昇給に関する事項
3  退職に関する事項(解雇の事由を含む。)
3の2  退職手当の定めをする場合においては、適用される労働者の範囲、退職手当の決定、計算及び支払の方法並びに退職手当の支払の時期に関する事項
4 臨時の賃金等(退職手当を除く。)及び最低賃金額の定めをする場合においては、これに関する事項
5  労働者に食費、作業用品その他の負担をさせる定めをする場合においては、これに関する事項
6  安全及び衛生に関する定めをする場合においては、これに関する事項
7  職業訓練に関する定めをする場合においては、これに関する事項
8  災害補償及び業務外の傷病扶助に関する定めをする場合においては、これに関する事項
9  表彰及び制裁の定めをする場合においては、その種類及び程度に関する事項
10  前各号に掲げるもののほか、当該事業場の労働者のすべてに適用される定めをする場合においては、これに関する事項

就業規則の効力発生要件

さて、作成した就業規則ですが、労働契約法第7条「労働者及び使用者が労働契約を締結する場合において、使用者が合理的な労働条件が定められている就業規則を労働者に周知させていた場合には、労働契約の内容は、その就業規則で定める労働条件によるものとする。・・・以下(略)」と定められており、就業規則を周知することにより効力が発生することになる。そのため、労働基準法で作成義務のない常時10人未満の会社であっても就業規則を作成すれば、労働契約法第7条の要件を満たす限りその効力は認められることとなります。

就業規則違反の労働契約の取扱

では、効力のある就業規則を作成した場合、各従業員と締結した労働契約の関係ではどうなるのであろうか?
労働契約法第12条では、「就業規則で定める基準に達しない労働条件を定める労働契約は、その部分については、無効とする。この場合において、無効となった部分は、就業規則で定める基準による。」と規定され、1.就業規則と労働契約の規定が重複する場合、2.労働契約で定めた事項が就業規則の定めに満たない場合、には、その部分のみ就業規則の定めが優位されて適用されることとなります。ここで、注意すべきは「その部分のみ」という「部分無効自動引上」という考え方です。ですので、労働契約の定めの一部が、就業規則で定める基準に劣っているからといって、その労働契約そのもの全部が無効となるわけではありません。

法令や労働協約に反する就業規則の変更命令

次に、就業規則と法令や労働協約との関係ですが、労働基準法第92条では「就業規則は、法令又は当該事業場について適用される労働協約に反してはならない。」とし、同2項で「行政官庁は、法令又は労働協約に牴触する就業規則の変更を命ずることができる。」としています。つまり、就業規則が、法令や労働協約に反する場合には、行政官庁が事業主に対して、その反している部分の変更を命じることになります。ただし、この行政官庁の変更命令ですが、この命令を持って就業規則が変更されるということではなく、使用者の就業規則変更手続を行う必要があり、この命令に従わない場合には30万円以下の罰金に処せされることがあります。

Pocket

コメントを残す